■「築 生 庵」とは

■築生庵

■古民家再生について

■古民家再生住宅

■「ついの家」とは

■ついの家

■「あかりの家」とは

■あかりの家

■Purtity House

■甚シリーズ 豊裕

スタイルボックス たけの子

■2017

■2016

■2015

■2014

■2013

■2012

■2011

■2010

■2009

■2008

■2007

■会社案内

■アンケート


■求人募集

■お問い合わせ

■関連リンク集

(有)幸田建設
福島県本宮市糠沢字八幡1−1

URL:http://www.karinoiori.jp
TEL:0243-44-3816
FAX:0243-44-3962
E-Mail:info@karinoiori.jp

構造/木造
階数/平屋
延べ床面積/79.5m2(24.0坪)
施工面積/xxx.xxu(xx.x坪)
屋根/ガリバリウム鋼板(横葺き)
外壁/防災サイディング

▼選択事項
コンロ(ガス・IH)、ボイラー(石油・電気)
▼別途工事 床暖房、外構工事
【工事費】1,900万円(税別)
※地域によって金額が変わる可能性があります

【別途料金】
建築確認申請費、上水道納付金、屋外給排水管工事、地盤改良工事、外構工事、ウッドデッキ工事、エアコン工事など


▼外観
萱葺きとしたいところですが、長持ちとかメンテナンスの事とかを考えて、ガルバニウム鋼板の横葺きとしました。ですが、屋根の見付面積を大きくする為に屋根勾配を6寸勾配としボリューム感をだしています。これにはもうひとつ理由があって、屋根裏の空間を大きくとりたいということがありました。その空間の中に大きな梁と屋根を支えている木材が、がっちりと組んでいる様を見ることが出来きます。

▼玄関
ただの通過点ではなく、そこで人生に大切な趣味の場にする為、大きな土間にしました。何でもいい。 轆轤を回す、絵を描く、木を彫る、石を彫る、畑で採れたものを仕分ける、藁細工をする、等々おそらくここにいる時間が残った人生で最大のところになると思います。
▼居間
板の間とし大きな空間としました。何をしてもいい。家具で仕切ってもいい、とにかく自由な空間です。一部に囲炉裏を掘ります。そこに吊るした鍋で味噌汁をつくる、すいとんをつくる、そしてその鍋を二人で囲む。或いは今までの人生を記す「人生記」を書き残す。ものすごい時間が必要だと思ういます。しかし、その空間をそんな風な使い方に出来ればこれ以上の望みはありません。

▼水廻り
浴室、台所、洗面等はライフスタイルに合わせプランニングをします。それぞれのライフスタイルがありそれに合わせることが住まいの基本であると思うからです。
▼寝室
あえて4.5畳プラス板の間。けっして広くはありません。しかし何故か話し声が聞こえるいい大きさなのです。温かさを感じるいい広さなのです。(設計者としてはとっても好きなひろさなのです。) 開口部 居間、寝室の南面の窓が開放となる。家の内と外を一体化させる意味でも大きな役目を果たしています。


Copyright (C) 2006 Kouda Kensetu ltd.